タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

とらドラ!

| 2008年
見放題
萌え系とひとくくりにするのはもったいない!男・女ともに共感できるラブコメの決定版
見どころ
シリーズ累計300万部の大人気ライトノベルを原作とするラブコメディ。キュンとして悶える恋愛要素に加え、家族との葛藤を抱えるキャラの心理描写も見どころ。
ストーリー
目つきが悪くて不良と誤解されがちな高校生・高須竜児は、高2になり「手乗りタイガー」ことワガママで暴力的な美少女・逢坂大河と同じクラスに。ひょんなことから互いの親友に恋していると知った2人は、恋の応援をしあう共同戦線を張ることになって…。
2019年8月8日 23:59まで配信
©竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/「とらドラ!」製作委員会

エピソード

  • 鋭い目つきゆえに生徒たちから恐れられていた高須竜児は、始業式の日、まずは新しいクラスで誤解を解く必要があった。そして彼は“手乗りタイガー”と呼ばれる逢坂大河と衝撃的な初対面を果たすことに。
    23 分
  • 大河に協力することになった竜児は、北村と大河の仲を取り持つよう彼女から念を押されるが、大河の失敗でなかなかうまくいかない。その頃、C組では竜児と大河が付き合っているという噂が立っていた。
    23 分
  • 実乃梨に心をときめかせる竜児。ある日、大河に実乃梨の働いているファミレスに連れて行ってもらった彼は、その翌日も再び大河とファミレスへ向かっていたが、偶然酒屋でバイト中の実乃梨に出会う。
    23 分
  • 北村を撮ろうとするとなぜかブレてしまう大河に代わり、彼の写真を撮ってあげることになった竜児。北村の前でドジが炸裂する大河は、部活の練習に励んでいる姿を撮ってほしいと竜児に頼むのだが…。
    23 分
  • 北村と現役高校生モデルの川嶋亜美に出会った竜児と大河。亜美の天然ドジっ娘ぶりを微笑ましく思う竜児だったが、亜美と大河が2人っきりになった途端、亜美の様子が一変。亜美には裏の顔があった…。
    23 分
  • 後をつけられていた不審者から逃げてきたという亜美。事情を知った大河は自分のマンションで亜美を匿うことに。大河の憎まれ口に対し「本当の自分なんて、見せる気ない」と言い返す亜美だったが…。
    23 分
  • プール開きを明日に控え、みんなと買い物に来た大河は水着の前で思い悩み、「大好きな北村の前で哀れな姿は見せられない」と泣きじゃくる。それを知った竜児は、大河のために徹也で裁縫に没頭する。
    23 分
  • 喧嘩になりかけていた大河と亜美の仲裁に入った実乃梨は、水泳勝負で決着をつけることを提案。大河が勝てば亜美に屈辱的な罰ゲーム、負ければ竜児が亜美の別荘で2人っきりで過ごすことに。練習に励む大河だが…。
    23 分
  • 目の前にきれいな海が広がる亜美の別荘へ遊びに来た竜児たち。実乃梨との仲を深めるのだと気合いを入れる竜児をサポートする大河は、オカルトが苦手という実乃梨を怖がらせ、竜児が助け出すという作戦を考案する。
    23 分
  • 旅行2日目の早朝、昨日の作戦失敗を反省する竜児と大河の前に突然北村が現れた。北村に自分たちが昨日の騒ぎの張本人だと知られて焦った大河は、とっさに「実は実乃梨はホラー好き」と嘘をついてしまう。
    23 分
  • 文化祭が迫ったある日、竜児たちのクラスで文化祭の出し物とミスコンの出場者を決める話し合いが行われた。その結果、出し物は“プロレスショー(ガチ)”に、ミスコンの出場者はなぜか大河に決まる。
    23 分
  • 文化祭のプロレスショーに向け、クラスは一丸となり練習に励んでいた。一度失った大河の信頼を取り戻そうとする陸郎と彼の気持ちに応えようとしている大河、そんな2人を見守る竜児。だが、ある事件が起こり…。
    23 分
  • 文化祭のミスコンがついに開会。可愛らしいドレスを身にまとい登場する大河。司会を務める亜美は、会場に来ているかどうか定かではない陸郎に向け、大河の応援を呼び掛ける。一方、竜児に陸郎からメールが届き…。
    23 分
  • 文化祭が終わり、いつもの学生生活に戻ったかと思いきや、大河の周辺は騒がしかった。大河のラリアットや頭突きを喰らった人たちがラッキー続きということで“しあわせの手乗りタイガー伝説”と呼ばれるように。
    23 分
  • 生徒会長選挙が来週に迫り、生徒たちの間で次期生徒会長候補ナンバーワンと噂されていた北村。だが突然、選挙にも出ないし現生徒会も辞めると言いだす。さらに翌朝、彼は何と金髪で登校してきた!
    23 分
  • 「学校を乗っ取る」とダークな公約を掲げ、生徒会長選挙に立候補した大河とサポート役になった竜児は、選挙活動に奔走していた。そんな折、偶然土手にいた北村を見つけた竜児は、北村に選挙辞退の理由を聞くが…。
    23 分
  • 大好きなクリスマスが迫り浮かれっぱなしの大河は、特に進展のない竜児と実乃梨の仲を取り持つと言いだす。そんな矢先、生徒会主催のクリスマスパーティーが行われることになり、竜児に実乃梨への告白をけしかける。
    23 分
  • クリスマスパーティーの準備中、竜児と大河は偶然実乃梨に会った。このとき、実乃梨の様子がどこかおかしいと感じた二人は、彼女にも楽しんでもらえるような素敵なパーティーにしようと誓うが…。
    23 分
  • 生徒会主催のクリスマスパーティーがついにスタート。だが、そこに実乃梨の姿はなかった…。そんな中、亜美から実乃梨を呼びに行った大河がそのまま帰宅しようとしていることを聞いた竜児は…。
    23 分
  • 3学期を翌日に控えた晩、年が明けてから一度も家に顔を出さない大河を責める竜児。それは、自分が竜児の家に入り浸ることが実乃梨の誤解を生むきっかけになったのではと大河が考えていたためだった。
    23 分
  • 修学旅行でスキー場を訪れた2年C組の面々。スキーができない竜児と大河が初心者のリフト乗り場に並んでいると、木原と能登が北村のことで喧嘩を始めてしまう。修学旅行は険悪な雰囲気になってしまい…。
    23 分
  • 修学旅行が終わり、登校した竜児。だが、教室に大河の姿はなかった。旅行先のスキー場で迷子になった大河は救助隊に助けられた後、母親と一緒に過ごしていた。そんな中、進路調査票の提出日が迫っていた。
    23 分
  • バレンタイン間近のある日、まだ進路希望を答えていなかった竜児と大河は担任の恋ヶ窪に呼び出され、改めて進路希望を聞かれる。進学する気がない2人に、恋ヶ窪は先の人生をちゃんと考えるよう注意する。
    23 分
  • 竜児に自分の本当の気持ちを言えず、逃げだす大河。竜児と実乃梨はそんな大河の気持ちを確かめるべく追い掛ける。遠くに大河の姿を見た途端、実乃梨は竜児に対する自分の気持ちを大河に告げるが…。
    23 分
  • 祖父母と竜児の計画に乗せられて実家の敷居をまたいだ泰子が竜児と大河を待っていた。みんなに祝福してもらえるよう誓い合う2人。高須家へ戻った大河は、自分の部屋で実の母親が残した留守電メッセージを聞き…。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ