logo

観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

奇皇后
数奇な運命に翻弄されながらも気高く生きたヒロインの生き様に胸打たれる大河ロマン
|2013年|韓国
見放題
第1回を再生(59分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
ヒロイン・スンニャンの壮絶な復讐の行方、スンニャンをめぐる2人の男との恋模様、敵との激しい攻防など見どころ満載。ヒロインを演じたハ・ジウォンの熱演が光る。
ストーリー
14世紀の高麗。元に連行されかけたヤンは王子のワン・ユに助けられる。13年後、男装してスンニャンと名を変えたヤンの協力で王位に就いたワン・ユは、男であるはずのスンニャンに惹かれていく。その頃、スンニャンは元の皇太子・タファンの護衛となる。
ここがポイント!
挿入曲「愛しています」を歌ったのはJYJジュンス。彼の弟キム・ムヨンは、タファンの護衛武士役で出演している。
エピソード
全51話
14世紀。高麗の少女・ヤンは元への「貢女」として母と共に連れ去られる道中、人質として同行していた世子、ワン・ユの助けで逃亡。ヤンは素性を隠すため少年・スンニャンに姿を変え、権力者ワン・ゴに仕える。
スンニャンたちは塩の密売犯としてワン・ユらに捕えられる。ワン・ゴはスンニャンが裏切り者ではないことを確かめるため、ワン・ユ側に忍び込ませた手下を通じ、スンニャンにワン・ユの殺害を命じた。
高麗王・ワン・ユは流刑になった元の皇太子・タファンの元へ向かい、高麗を奪おうと企てる元によるタファン暗殺計画を阻止しようとする。タファンは高麗の兵士として宿営地にいたスンニャンに発見されてしまうが…。
ワン・ユはスンニャンがタファンを気遣うことが気に入らない。やがて、元ではヨンチョル丞相がペガン将軍にタファンの暗殺を命令。高麗の軍を装って流刑地の島にいる人間を皆殺しにする計画だった。
スンニャンはタファンと共に都へ向かう。ワン・ゴの策略でタファン殺害の犯人にされようとしている実父、キ・ジャオを救うため、生きているタファンに「襲撃したのは元の兵だ」と証言してもらわねばならなかった。
死人を装ったタファンの入った棺を宮殿に届けたスンニャン。集まったヨンチョルらに「皇太子は生きている」と告げるとタファンが起き上がった。スンニャンは暗殺を企てたのは元だと証言するようタファンを促す。
タンギセはスンニャンが女だと気付き、美しく着飾らせ「元に着いたら自分の側室にする」と迫る。これを知ったワン・ユは彼女の救出に向かう。元の都ではヨンチョルが娘のタナシルリとタファンの婚礼を進めていた。
元の宮廷の雑用係になったヤンは、立后の大礼の場でタファンの殺害を計画する。一方、ワン・ユは辺境の戦場で高麗出身の兵士がひどい扱いを受けていることを知る。タプジャヘはワン・ユを殺すようペガンに告げた。
ヤンと遭遇したタファンは彼女がスンニャンとそっくりなので驚くが、女なので別人だと思う。ヤンは彼を殺す機会を窺っていた。西の辺境では、高麗の兵士の指揮権を賭けてワン・ユとヨム・ビョンスの対決が始まる。
懐妊した女官・オジンを側室にすべきだと言う皇太后と反対するタナシルリが対立。決断を迫られるタファンだったが、一方でスンニャンの行方を捜していた。西の辺境では、ワン・ユが仮面姿の敵将・パトルと対峙する。
タナシルリの間者を選ぶ試験に合格したヤンは、オジンに流産させる薬を飲ませるよう命じられる。タファンはヤンがスンニャンではないかと疑い始めた。ワン・ユは敵将・パトルを捕えるべく、さらなる作戦を進める。
タファンはついにヤンがスンニャンだと知ってショックを受ける。オジンはヤンの指示に従い具合の悪いふりをする。それを見て薬の効果を信じたタナシルリは、今度はオジンの偽装妊娠の噂を流すようヤンに命じた。
ヨンチョルと皇太后の板挟みとなったタファンは何もできない自身を嘆く。一方、オジンは尋問の場で本当に懐妊しているのかを再度調べられる。そんな中、ワン・ユたちのいる西の辺境では戦いの決着が近づいていた。
タファンは元の都に到着したワン・ユとユンを会わせたくなかった。その夜、ある場所でタナシルリはワン・ユと出会う。一方ヨンチョルは、毒殺した皇帝が死ぬ前に血書を残していたことをタンギセたちに明かした。
ワン・ユはヤンにヨンチョルを倒す計画を伝えた上で、彼女を危険な目に遭わせたくないため、計画には関わらないよう命じる。動き始めた彼は、まず上奏文を使ってヨンチョルを挑発することにした。
ヨンチョルはワン・ユが上奏文に紛れ込ませた挑戦状を読んで激怒。ワン・ユは上奏文の件をヤンが手伝ったと知って怒り、二度と自分の前に現れるなと彼女を突き放す。落ち込むヤンはタファンに誘われ一緒に酒を飲む。
ヨンチョルの罪を告発する怪文書騒ぎに便乗し、皇太后は彼への反撃に向けて動きだす。ヨンチョルは怪文書の手掛かりも血書も見つからないことに怒りを露わにし、見せしめとして捕えた妖術師たちを処刑する。
タファンは嫉妬心から今後一切ワン・ユに関わらないようヤンに命じた。外出するヤンを待っていたワン・ユは「一緒に高麗に帰るか?」と聞く。宮中には大量のネズミが発生し、先の皇帝の呪いだとの噂が広まる。
ヨンチョルがヤンを解雇したと知ったタファンは、ワン・ユが彼女を連れ出すのを止めることができず、ヨンチョルだけでなく彼にも殺意をいだく。ワン・ユはヨンチョルに、敵と味方を見分けるある方法を提示した。
毒薬入りの酒を飲んだヨンチョルが瀕死の状態に陥り、タファンはその酒を用意したワン・ユを捕らえさせる。ワン・ユはヨンチョルが助かる見込みが薄いと知り、残った一族を倒す新たな作戦のため、皇太后に近づいた。