タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
NHK特選

Nスペ アジア巨大遺跡

| 2015年
ポイント
アジア各地に残る巨大遺跡の魅力と、そこに花開いた文化・文明を紐解く
見どころ
人類の遺産である巨大遺跡や貴重な文物を、4K・8Kの高精細映像で撮影。世界で初めて許可された「アンコール・ワット」の至近距離からの空中撮影は必見。
ストーリー
カンボジアのアンコール遺跡群、ミャンマーのバガン遺跡、中国の始皇帝陵、日本の三内丸山遺跡。アジアに興っては巨大遺跡を残して滅んでいった文明の当時の姿を、NHKの最新CG技術を駆使して再現。謎に満ちた遺跡の建造当時の様子が蘇る。
ここがポイント!
番組ナビゲーターを務めるのは杏。テーマ曲の作曲は中村幸代。
2018年11月3日 23:59まで配信
(C)NHK

エピソード

  • 世界遺産にも登録されているカンボジアのアンコール遺跡群。そこにどんな文明が栄えていたのか、真相は謎に包まれてきた。当時の記録の多くが消失してしまったためである。ところが今、ヘリコプターによる最新のレーザー調査や、長年の考古学的アプローチによって、その謎が徐々に解き明かされようとしている。浮かび上がってきたのは、密林の奥地に存在した世界有数の巨大都市の存在…。女優・杏が、謎の文明の真の姿に迫る。
    69 分
  • およそ1000年前に栄えたミャンマー初の統一王朝・バガン。その都のあった場所には今も3000もの仏塔や寺院が林立する。黄金に輝く高さ数十メートルの塔。シンメトリーな姿が美しい白亜の大伽藍。寺院の中では巨大な金色の仏像が訪れる者を見下ろす。これほどの遺跡群がなぜ生まれたのか?そこには、一部の人間に富が集中するのを防ぐ驚きのシステムが存在した可能性があるという。いにしえのアジアの神秘に女優・杏が迫る。
    48 分
  • 41年前、秦の始皇帝の墳丘近くの地下から、まるで生きているかのような兵士の像・兵馬俑が数千体も見つかった。一体何のために埋められたのか?それは大きな謎とされてきた。ところが最新の調査では、兵馬俑以外にも、さまざまな人を模した等身大の像があちこちから出土。さらに豪華けんらんな宮殿の跡や、壮大な都の城壁の痕跡まで…。そこには、初の中国統一という大事業の、いわば設計図が眠っていた。世界史の謎に杏が挑む。
    48 分
  • 縄文文化の象徴・青森県の三内丸山には、巨大な6本の柱が並ぶ木造建造物や長さ32mもの大型住居が建ち並ぶ。芸術性の高い土器や神秘的な土偶、数千年を経ても色あせぬ漆製品など、縄文人の洗練された暮らしぶりは欧米の専門家から高い評価を獲得している。さらに世界を驚かせているのがその持続性。本格的な農耕を行わず、狩猟採集を生活の基盤としながら、1万年も続いていたのだ。世界に類の無い縄文文化の真実に迫る。
    48 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ