logo

観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

20件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

14件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

【毎週更新】週間映画ランキング

10件

もっとも観られた映画は?先週の映画ランキング Top10 !

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

彼女はキレイだった
「キルミー・ヒールミー」のパク・ソジュンとファン・ジョンウム主演のラブコメディ
| 2015年 | 韓国
見放題
第1話を再生(63分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
主演の2人に加え、SUPER JUNIORのチェ・シウォン、カリスマファッショニスタのコ・ジュニが織り成す男女4人の恋模様に、笑いと涙、胸キュン必至。
ストーリー
子供の頃は美人で優等生だったが、成長して残念な容姿になってしまったヘジン。そんなある日、彼女の下に、子供の頃いじめられっ子だった初恋相手・ソンジュンから1通のメールが届く。15年ぶりに彼と会うことになり、胸を躍らせるヘジンだが…。
ここがポイント!
制作は「美男ですね」「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」などを生み出したBON FACTORY。2015年MBC演技大賞10冠の快挙を成し遂げた。
エピソード
全16話
小学生の頃、相思相愛だったソンジュンが帰国するとのメールを受け、ヘジンはハリに待ち合わせ場所まで送ってもらう。そこに現れた彼は肥満児だった過去をみじんも感じさせないイケメンに成長していた。
ヘジンは「ザ・モスト」の編集部に出向となり、ニューヨーク本社から副編集長として配属されたソンジュンと再会。ハリのことをヘジンだと思っているソンジュンは、本社に見放されつつある編集部を立て直そうとする。
ソンジュンにばかにされ続けたヘジンは怒りに燃え、屈辱を晴らそうとして、ファッションについて猛勉強を開始する。そんな中、ハリは母親を侮辱する継母と彼女をかばう父親に心を傷つけられる。
理不尽なことでソンジュンに激怒されたヘジンはシニョクとやけ酒をあおり、泥酔状態でソンジュンに電話をかけ「私がヘジンよ」と告げる。一方、父親との関係修復に失敗したハリは憂うつな毎日を送っていたが…。
ヘジンはソンジュンと本社の人間との電話を偶然聞き、「ザ・モスト」が廃刊の危機にあることを知る。一方、ひそかにホテル暮らしを続けるシニョクは、そこで働くハリがヘジンの親友であると知らずに親交を深める。
雨に打たれ、体調を崩したソンジュンを気にするヘジン。シニョクに彼への薬とお粥を届けてもらう。体調が回復したソンジュンだったが、ハリと会い続けるうちに過去のヘジンとハリの性格が重ならないことにと戸惑う。
ロケハンのため出張するヘジンとソンジュンは田舎の飲食店で食事をする。だが、ソンジュンが財布を忘れたため、払い切れなかった食事代分を働いて返すことになった。力を合わせて働いた2人の距離はより近づく。
ヘジンとハリの関係を知ったシニョクは、ヘジンのふりをやめるようハリを説得。一方、ソンジュンはヘジンとハリとの間で心が揺れ動き苦しむ。そんな中、誤解が本でソンジュンはヘジンに怒り、解雇を告げる。
復帰したヘジンの変貌ぶりに編集部の面々は驚く。シニョクは相変わらずヘジンをからかい続けるが、彼女とソンジュンのさらなる接近に不安が増していく。そんな中、ヘジンは取材のため、先輩から車を借りる。
交通事故を起こしかけたヘジンの元に駆け付けたソンジュンは、自然と彼女を強く抱きしめる。また、ヘジンに対する自分の気持ちに気が付いたソンジュンは、ハリに対して罪悪感を抱くようになる。
ヘジンとソンジュンは真の再会を果たし、いろいろと語り合う。そんな中、傷心しつつもヘジンには強がり続けるハリの前に、日本から一時帰国した母が現れる。また、編集部ではシニョクの他社流出のうわさが流れる。
シニョクはソンジュンに引き留められ、残留を決める。編集部に復帰した彼は仕事に打ち込むが、ヘジンへの気持ちを抑えられない。一方、次回号の売上次第で廃刊になる「ザ・モスト」を救おうとソンジュンは奔走する。
男女としての交際を始めたソンジュンとヘジン。だがヘジンはソンジュンがあまりにも幸せそうに振る舞うことで編集部の面々に交際を悟られるのでは、と気にする。そんな中、ソンジュンの元上司が編集部を訪れ…。
特集号でインタビューを予定していた大物映画監督の直前キャンセルにより、「ザ・モスト」の廃刊が現実味を帯びる。そんな中、記者のプンホが正体不明の超人気作家・テンへのインタビューを提案する。
ソンジュンは、テンの正体がシニョクだと知り、驚く。シニョクは自分へのインタビューを自ら書き上げ廃刊の危機を救い、姿を消した。そんな中、ヘジンはソンジュンと共にアメリカへ渡ることになったのだが…。
ハリは大学院に通う中、年下の学生からのアプローチをかわすことに苦労していた。シニョクは世界各地を転々としながら執筆活動を続行。童話作家となったヘジンは、渡米したソンジュンと毎日連絡を取り合っていた。