logo

観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

独占
力の強い女 ト・ボンスン
先天的にとんでもない怪力を持つ女性の恋模様を描いたラブコメディ
|2017年|韓国
見放題
第1話を再生(48分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
韓国の女優の中では小柄なパク・ボヨンが“怪力女子”をキュートに演じる。強くてかわいいヒロインが、タイプの異なる2人のイケメンと繰り広げる恋の行方に注目。
ストーリー
ト・ボンスンは先祖代々続く怪力を持つ女の子。夢はロールプレーイングゲームを作ることだが、今は幼馴染みの刑事・グクドゥに片想いしながら就活に励む日々。一方、ゲーム会社CEOで脅迫犯に付きまとわれているミンヒョクは、偶然ボンスンの怪力を目撃し…。
ここがポイント!
共演は『花郎<ファラン>』のパク・ヒョンシク、『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』のジスほか。
エピソード
全24話
『力の強い女 ト・ボンスン』のパク・ボヨン、パク・ヒョンシク、ジス、そして、脇役のイム・ウォニ、キム・ミンギョが出演し、ドラマの見どころや名場面を紹介。
先祖代々受け継がれている怪力遺伝子の持ち主、ト・ボンスン。彼女は帰宅途中、幼稚園のバスの運転手に暴行しているチンピラをやっつけて大けがをさせてしまい、警察の事情聴取を受けるのだが…。
ボディガードを雇おうとしていたミンヒョクは、ボンスンをスカウトする。彼女はこれを怪しむが、ずっと働きたいと思っていたゲーム会社・アインソフトのCEOがミンヒョクだとわかり、すぐに承諾する。
脚相撲のせいで尾てい骨を骨折し、入院しているコン秘書のお見舞いにいくことにしたボンスン。そこで、被害者の病室を見張っていた刑事のグクドゥから、トイレに行く間だけ病室の見張りを頼まれるが…。
ミンヒョクは、ボンスンを自分の家に住まわせてお互いを守ろうと考える。ボンスンと一緒にいた刑事が襲われたことで心配しているグクドゥは、ミンヒョクの家に押し掛け、ボンスンの母に連絡するのだが…。
ミンヒョクは自分を脅迫する犯人を捜すため、家族が集まる本宅にボンスンを連れて行く。父親が犯人だと断言したボンスンだが何も得られず、翌日、ミンヒョクは怪しい男にモデルガンで撃たれてしまう。
ボンスンが、腕にけがをしたミンヒョクの手当てを彼の家でしていると、また脅迫電話がかかってくる。ボンスンを帰らせてつまらなくなった彼は、ギョンシムと映画を観にいくボンスンについていくことにする。
クラブで酔ったボンスンがバーを振り回している動画がインターネットに出回っていることを知ったミンヒョクは、動画を削除すべく行動に出る。その後、ボンスンは、男に鉄パイプで襲われているギョンシムを目撃する。
警察の指示でミンヒョクの家に住み始めたボンスンだが、事件のことを思い出して眠れない。ボンスンが心配なグクドゥが現れ、その後3人は街にくり出し、ミンヒョクとグクドゥはビリヤードやダーツで対決をする。
酔い覚ましのスープなどの朝食を2人に用意するボンスン。その時、ミンヒョクに脅迫電話がかかってきた。ミンヒョクがゲイだとの噂によってオソン建設の株価が大暴落となり、彼はボンスンを連れて再び本宅に向かう。
ミンヒョクの寝ている部屋に何者かが侵入し、ボンスンは男たちをフライパンで殴って拘束する。その頃、オソングループでは株主総会が開かれ、ミンヒョクは今まで尾行や脅迫などを受けていたことを説明する。
ボンスンの怪力を調整できるよう訓練するボンスンとミンヒョクだが、うまくいかない。病院にいるボンギに差し入れを持っていくボンスンは、ボンギに告白しているヒジの姿を見て「弟の心を揺らさないで」と言う。
グクドゥはヒジに会いに行き、自分でも気づかなかった本心を打ち明けて別れを告げる。また、ミンヒョクの本宅で一緒に食事をすることになったボンスンは、アン会長を笑わせ、和やかな雰囲気で過ごした。
ペクタク派が待ち構える倉庫に1人で来たボンスン。母親を利用して自分をだましたことに怒るボンスンは、力を調節しつつ懲らしめることに成功した。そして、そこに駆けつけたミンヒョクはある事実を知る。
グクドゥら強力3チームは潜伏捜査に着手。その動きに気づいている犯人は、逆にグクドゥの元カノのヒジを狙う。グクドゥはボンスンをかばって入院しているミンヒョクの病室に行き、ボンスンに捜査の協力を求めた。
「企画開発チーム」に入ることになったボンスンだが、彼女が実際に配属されたのはミンヒョクの部屋に作られた仮の部署だった。自分をチーム長と紹介したミンヒョクは、コン秘書と一緒に会議を始める。
ボンスンが気になって眠れないミンヒョクは、深夜にボンスンの家を訪ねた。そしてミンヒョクに突然告白されて動揺したボンスンは、考える時間が欲しいと答えてしまい、部屋に戻っても眠れずにいた。
「俺を好きになれ」と再びミンヒョクに言われてためらうボンスン。ミンヒョクはボンスンを抱き締め、照れる彼女を家まで送る。だが、今度はグクドゥにまで「お前とは友達でいたくない」と告白されてしまう。
ミンヒョクはボンスンに「そろそろ答えろ」と促す。そこでボンスンの笑顔を見たミンヒョクは、彼女にキスをする。幸せな時間を過ごして家に帰ったボンスンは、連絡がないギョンシムが気になってメールを送るが…。